無料相談 弁護士

事故示談をスムーズに進めるための弁護士相談

交通事故の被害者となってしまった場合の示談交渉をスムーズに進めるためには、弁護士の力が欠かせないともいえます。示談であれば個人でも素人でも進められますが、成立した示談内容はじつは被害者にとって損となってしまっているケースが非常に多く、慰謝料にしても怪我の治療費にしても本来の金額からはかけ離れた少ない額となってしまう場合があります。

 

しかし、弁護士に事故示談の依頼を行うと、被害者が損をしないように最大限有利な条件で進めてくれます。慰謝料額も当初の保険会社が提示していたものよりも遥かに高くなることもあり、本来の金額通りで示談が成立できます。

 

示談で大きなポイントとなるのが被害者と加害者の過失の割合で、割合が変われば被害者と加害者の立場も逆転する場合があります。要は過失割合が大きい方が加害者となるため、本来は被害者であったはずが保険会社の過失割合の提示によって加害者となってしまうような状況すらも起こり得ます。

 

これを防止するためには弁護士などの専門家の力が必要で、さらに被害者側が明確な被害者であると決定付けるために、様々な交渉材料も必要となります。過去の似た事故の解決事例、過失の割合なども調べ、お金を払いたがらない保険会社相手にしっかりと請求をする必要があるのです。

 

交通事故の件数が年間でワーストとなり、常に多くの事故が起きている愛知県においては、交通事故の被害者も日々多く出ています。もし自身が被害者となってしまった場合には愛知県名古屋市での交通事故弁護士を探し、示談の依頼を進めておくと良いでしょう。