無料相談 弁護士

一部の借金だけ債務整理をしたい場合にはどうするか

いくつかの借金がある中で、返済が難しくなったとしても一部の借金だけ債務整理を行うことは可能です。自己破産となると難しいですが、債務整理の方法によっては一部の借金だけ債務整理を行うことが可能となります。

 

代表的なものが任意整理で、債権者との任意での借金整理となるために一部だけ整理ができます。ただ、基本的には借金整理は全て平等に行わなければならないので、弁護士や司法書士によっては一部の任意整理は受けてくれない場合もあります。

 

とは言っても今後の付き合いなどを考えると、どうしても債務整理には出したくない借り入れ先もあるでしょう。例えば取引のある銀行でのカードローン利用の場合などは、債務整理をしてしまうと口座の差し押さえや今後の取引への悪影響など様々な問題が生じます。

 

そういった場合に一部の借金だけを任意整理にかけるのは有効で、借り入れ先によっては一部の借金が残っていると任意整理に応じない可能性がありますが、自由度の高い債務整理方法だからこその任意整理の良さが生きてきます。

 

裁判所を介さずにあくまで債権者との交渉で借金を整理する任意整理だからこその一部借金の整理となるので、多くの借り入れ先がある中で一部だけ債務整理をしたい場合には、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談をしてみるべきです。

 

その結果、一部の債務整理が難しいとなることもありますが、それでも最適と思われる解決方法を探ってくれるため、安心して借金の整理が行えるようになるのです。