無料相談 弁護士

2016/09/23 11:16:23 |
弁護士は困っている方の味方になってくれる頼れる存在ではありますが、ボランティアではありません。あくまで商売としての弁護士であるため、解決の依頼をするとなればその対価としての費用がかかります。かかる費用は弁護士や案件によって異なり、借金の整理であれば債権者1件ごとにいくらなどと決められています。自己破産の場合には一律でいくらとなっている場合が多く、基本的にはどの弁護士でも大体は費用面では同じ負担額なります。極端に安いところがあるとすれば怪しく、追加での費用を請求される可能性があります。弁護士は全てがクリーンだとは限らず、中には悪徳とされるような人もいます。相談者の弱みに付け込んで追加での費用を請...
2016/09/23 11:16:23 |
借金の返済ができなくなってしまった悩みを抱えても、周りには相談はしづらいものです。そもそも借金自体を周りには知られたくないので、返済ができなくなってしまったことなどはいえるはずがありません。一人で悩みを抱えてしまう場合が多い借金返済に関しては、なるべくなら早めに相談をして気を楽にした方が良いです。自分ひとりで抱え込んでも解決策は見えてこず、返済金に困って怪しいところからお金を借りてしまうことすらもあります。特に注意をすべきは闇金融の存在で、返済金が足りないからと電話一本で借りられる闇金融を利用してしまうと大変なことになります。返済はその場は凌げますが根本的な解決にはならず、寧ろ借金額が増えるだ...
2016/09/23 11:16:23 |
お金に困っている人、正規の業者から借りられない人に対して異常なまでの高金利でお金を貸し付ける闇金融は、一度でも付き合いをもってしまうと様々な問題に直面します。法外な利息の請求による多額の支払いや、返済が遅れることによる暴力的な取り立てなど大きなトラブルに発展するケースが少なくありません。取り立ての被害は特に酷く、場合によっては借りた本人だけでなく家族や会社へも被害が拡大することがあります。借りた本人以外への取り立ては保証人でもなければ行うことはできませんが、違法な貸付を行う闇金融に関してはお構い無しで取り立てを繰り返してきます。ここまで来ると被害の拡大を食い止めるのは難しく、多くの方に迷惑をか...
2016/09/23 11:16:23 |
いくつかの借金がある中で、返済が難しくなったとしても一部の借金だけ債務整理を行うことは可能です。自己破産となると難しいですが、債務整理の方法によっては一部の借金だけ債務整理を行うことが可能となります。代表的なものが任意整理で、債権者との任意での借金整理となるために一部だけ整理ができます。ただ、基本的には借金整理は全て平等に行わなければならないので、弁護士や司法書士によっては一部の任意整理は受けてくれない場合もあります。とは言っても今後の付き合いなどを考えると、どうしても債務整理には出したくない借り入れ先もあるでしょう。例えば取引のある銀行でのカードローン利用の場合などは、債務整理をしてしまうと...
2016/09/23 11:16:23 |
交通事故の被害者となってしまった場合の示談交渉をスムーズに進めるためには、弁護士の力が欠かせないともいえます。示談であれば個人でも素人でも進められますが、成立した示談内容はじつは被害者にとって損となってしまっているケースが非常に多く、慰謝料にしても怪我の治療費にしても本来の金額からはかけ離れた少ない額となってしまう場合があります。しかし、弁護士に事故示談の依頼を行うと、被害者が損をしないように最大限有利な条件で進めてくれます。慰謝料額も当初の保険会社が提示していたものよりも遥かに高くなることもあり、本来の金額通りで示談が成立できます。示談で大きなポイントとなるのが被害者と加害者の過失の割合で、...